呼吸数から新型コロナウイルスによる異常を早期発見?!

AI

新型コロナウイルス感染が拡大して、日本中が怯える日々が続いていますね。

免疫力か医療に頼るしかないと思われる状況ですが、人類のピンチをテクノロジーが救ってくれるかもしれません。

ウェアラブルで測った呼吸数の変化から、新型コロナウイルスによる身体的異常がわかるかもしれないとのこと。

 

オーストラリアのセントラル・クイーンズランド大学が主導し、クリーブランド・クリニックが協力する研究では、新型コロナウイルスに感染したと自己判断している数百人のボランティアにWHOOPを装着してもらい、収集したデータから各自の呼吸活動の変化を継続的に監察する計画を立てている。

引用:TechCrunch

 

オーストラリアの研究チームが、新型コロナウイルス感染が疑われる人にウェアラブルを装着

呼吸数のデータを集めていくということです。

 

この研究で使用するデータは、WHOOP Strap 3.0という機器から回収される。このリストバンドには、装着した人の睡眠中の呼吸数から睡眠の質を数値化して示す機能があり、最近のアリゾナ大学の外部研究により、その呼吸数の測定値の正確性が認められている。その研究で、侵襲的手段を除いてはもっとも正確に呼吸数が測れる装置であることが示されたため、今回の研究に携わる人たちは、他の方法によって症状が検知される以前に新型コロナウイルス患者の呼吸活動の異常を知らせる早期警報装置として有効ではないかとの仮説を立てたのだ。

引用:TechCrunch

 

呼吸数の変化から、新型コロナウイルスによる身体の異常を知らせることができるかもしれないというのです。

 

WHOOPは、彼らのハードウェアが報告する呼吸数は、正しいと認められた個々の基準値から外れることがめったにないと話している。そのため、基準値から逸脱するとしたら、極端に気温が高くなったり酸素濃度が変化するといった環境的な原因か、下気道感染症などによる身体的な異常しか考えられない。

新型コロナウイルスは、まさに下気道感染症だ。上気道感染症であるインフルエンザや風邪とは違う。つまり、(比較的簡単に解消できる)環境的原因では説明がつかない下気道の問題による呼吸数の変化と新型コロナウイルスの事例との間には、強力な相互関係があると言える。WHOOPのウェアラブルは数値の偏りを機能不全の兆候として検出するため、本人が呼吸の異常を自覚する前に、基準値と呼吸数との乖離から体の変化を知ることができる。

引用:TechCrunch

 

新型コロナウイルスは下気道感染症なんですね。

上気道感染症である風邪やインフルエンザとは違って、下気道感染症では呼吸数が基準値から外れることがあるそうです。

なによりすごいのが、本人が呼吸の異常を自覚する前に、ウェアラブルが機能不全を見つけてくれるところ!

新型コロナウイルスでは、症状が急に悪化するようです。

自覚する頃には手遅れ…なんてこともあるのでしょう。

本人が自覚するより早く、ウェアラブルのデータから異常を見つけたAIが命を守ってくれるんです。

医療崩壊になる前に、テクノロジーの力で命を救えるようになることを願います。

 

 

テクノロジーで病気のない世界が実現する?!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました