コロナ闘病記13【自宅療養】緊急時はコロナ119より救急車を!

コロナ

コロナ感染した場合の参考にしたく、Twitterで見つけた体験談をまとめさせていただきました。

 

スポンサーリンク

コロナ闘病記13【自宅療養】緊急時はコロナ119より救急車を!

初期の症状

  • 頭痛
  • 喉に違和感

 

療養中の症状

  • 発熱
  • 喉の痛み
  • 頭が重い
  • 全身痛い
  • 耳下のリンパの痛み
  • 嘔吐
  • 関節痛
  • 味覚障害
  • 腹痛、嘔吐、下痢で救急車を呼ぶ
  • 頭がクラクラする
  • 胸の痛み

咳、倦怠感、無気力、頭痛、嗅覚障害、味覚障害が残っているそうです。

 

服薬、治療

  • 喉の炎症止め
  • 解熱剤(カロナール)

 

考察

ワクチン接種の前日は陰性だったということですが、すでに感染していたかもしれませんね。

コロナの発症とワクチンの副作用が重なってしまったように思えます。

ワクチン接種と感染が重なると、感染に気付かないこともありそう。

 

コロナ119に電話して、看護師から折り返しの電話がきたのが2時間半後だったそうです(神奈川県)。

助けて欲しいから電話しているのに、2時間半もかかったらその間に悪化することもあるでしょう。

本当に危ないと感じたときには救急車を呼んだほうが良さそうです。

 

療養期間が終わって外出OKになっても後遺症に悩まされる人が多いですね。

後遺症で抜け毛もあるようで特に女性にはきついと思います。

コロナは10日程度では完治しないようです。

貴重な闘病記をシェアしていただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました