コロナ闘病記14【ホテル療養、入院】鼻うがいが効果的?

コロナ

コロナ感染した場合の参考にしたく、Twitterで見つけた体験談をまとめさせていただきました。

 

スポンサーリンク

コロナ闘病記14【ホテル療養、入院】鼻うがいが効果的?

 

初期の症状

  • 喉の痛み
  • 発熱(38.0℃)

 

療養中の症状

  • だるい
  • 鼻水
  • 発熱
  • 頭痛
  • 声が出しづらい
  • 息が吸いづらい
  • 咳、痰
  • 食欲がない
  • 鼻づまり
  • 寒気
  • 嗅覚障害
  • 味覚障害
  • 下痢
  • 肺炎

後遺症として、倦怠感、胸痛、咳、嗅覚障害が残っているそうです。

 

服薬、治療

  • カロナール
  • 咳止め
  • 整腸剤

 

考察

ホテル療養6日間、入院7日間の闘病記でした。

感染者が少ない時期だったのか、自治体の対応が良かったのか、辛くなる前にホテル療養や入院ができたのが幸いです。

 

ホテル療養は自宅にいるより孤独感がすごいとのこと。

本を読んだりゲームをしようとホテルに持ち込んでも、そんな元気もなかったという人が多いです。

ホテル療養中には何の検査もできないというのも心配ですよね。

 

味覚障害の予防として亜鉛サプリを飲んでいても味覚障害になってしまったようです。

味覚障害になってから亜鉛サプリを飲むと回復が早いように思いますが、予防には効果がないのでしょうか。

 

コロナによる嗅覚障害には、感染した川﨑麻世さんが鼻うがいを勧めています。

鼻うがいをすると、普通のうがいではできない上咽頭の洗浄ができるため、ウイルス感染予防や重症化リスクを下げたり後遺症にも効果があるようです。

鼻うがいが初めてだとちょっと勇気がいるので、予防も兼ねて元気なうちにマスターしておきたいです!

貴重な闘病記をシェアしていただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました