新学期の不安を解消する5つのヒント

幸せな子育て

いつも新学期には子どもがかんしゃくを起こしたり不安定になってしまう。そんな子どもを見ていて、わたしもイライラ。どうしたらつらい新学期の始まりを上手に乗り切れるのかしら?

新学期の始まりはワクワク、ドキドキ。

楽しく登校できる子もいれば、気持ちが不安定になってしまう子もいます。

 

この記事でわかること

  • 新学期を迎える子どもの気持ち
  • 新学期、子どものために親ができること

 

子どもがどんな気持ちで新学期を迎えるのかを考えてみましょう。

子どもと一緒に親まで不安になったり、イライラしたりすることがなくなりますよ。

 

新学期の不安を解消する5つのヒント

不安のサインを見逃さない

子どもをよく観察して、小さなサインを見逃さないことです。

新学期が始まることで不安になると、いらだって、かんしゃくを起こすこともあるでしょう。

「友達と同じクラスになれるかな?」と心配しているかもしれません。

ストレスから腹痛を起こしたり、眠りが浅くなることもあります

子どもの話に耳を傾ける

子どもが、新学期に感じる不安をあなたに話してくることもあるでしょう。

大切なのは、子どもの気持ちに共感して一緒に乗り越えようとする姿勢です。

あなたを信頼して話してくれるのですから、子どもの感情を否定したり無視したりしないようにしましょう。

睡眠時間をしっかりとる

子どもの心の安定のためには、しっかりと睡眠をとることが大切です。

新学期の不安から眠りが浅くなることがあるので、いつも以上に早寝・早起きを心がけましょう。

子どもの変化を冷静に受け止める

学校の支度が遅れたり、子どもがかんしゃくを起こしていると、見ているあなたはイライラするかもしれません。

そこで怒鳴ってしまっては、子どもはさらに強いストレスにさらされます。

子どもの不安な気持ちを受け止めて、深呼吸して冷静に見守りましょう

学校と連絡を取り合う

必要に応じて、学校の先生と連絡を取り合いましょう。

友人関係だけでなく、勉強が難しくなるなど、新学期に学校生活が変化するなかで、悩みはひとつだけではないかもしれません

学校での様子を知ることで、不安要素を減らすことができます。

 

まとめ:新学期の不安を解消する5つのヒント

同じ環境に置かれても、親が優しく守ってくれる気持ちを受け取れば、子どもの心が安定します。

新学期の不安を乗り越えるのは、子どもだけでなく親にとっても試練ですね。

大変なときですが、子どもの気持ちに寄りそって乗り越えることができれば、親子の絆はよりいっそう深まるでしょう。

 

 

>>もうお金に困らない!経済自由人という生き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました